発毛と増毛の方法を学び、自分に合った方を選ぶ

年齢と共に抜け毛、薄毛になってきたら、早く手を打たないとどんどん進行してしまうので注意が必要です。

薄毛というと思い浮かぶのがアデランスかもしれません。

 

薄毛の人に希望を与えるものですが、発毛という言葉と増毛という言葉を聞くことがあります。

実際どのような違いがあり、どちらが良いかということですが、結論からいえば一長一短あるということです。

 

発毛とは

 

発毛というのは自分の毛をいかすことであり、頭皮の状態を分析して整えて髪が生えるようにすることです。

薄毛になっている原因となるものを取り除くことによって生えやすくするのです。こうした発毛に取組むには最低でも数ヶ月が必要であり、それ以上かかるかもしれません。

 

人によってはそれをしても思うような結果が得られないということもあります。

効果が出たとしても数ヶ月先になることが多くそれまでは我慢していくことが求められます。

ですが、自分の髪が以前よりも自然に増えてくることができればそれは本当に嬉しいことです。

 

増毛とは

 

一方で増毛というのは人工的に髪を増やすことであり、自分が増やしたいところに髪を増やすことができる利点があります。

すぐに頭皮の薄いところがカバーされて若々しくなることができるのです。

 

自分が髪が多かったらしてみたかったというヘアスタイルを実現することも可能です。

増毛の場合、それをしているということが他の人にわかってしまうと恥ずかしいという気持ちがあるかもしれませんが、その点に関しては技術が進歩していますので他の人が見てもわからないように増毛することができます。

 

増毛の場合はこのように人工的に増やすことですから、自分の自然の毛が多くなるわけではないということを理解する必要があります。

こうして発毛と増毛は違いがありますが、どちらも目的は薄毛をなんとかすることであり、メリットやデメリットを比較検討して決めることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ